【同一労働同一賃金】非正規社員が考える対策と今後の働き方

同一労働同一賃金とはどんな制度

同一労働同一賃金とは、2020年4月から施工される法律「 パートタイム・有期雇用労働法」の中の賃金に関する規定です。

 

同じ仕事をしているなら、正社員とパートタイマー・期間社員・派遣社員(以下、非正規社員と言います)の不合理な待遇差を禁止する。と明確に打ち出したことです。

 

会社側は、従業員(正社員・非正規社員含む)から、「何故あの社員(非正規社員)、私に待遇差があるのか理由を説明して下さい」と求められれば、説明しないといけない義務が発生します。

 

今回の法改正で明確に法律としてきっちりと決められますが、
この法律が一番問題なのは、法律違反をしても営業停止などの罰則規定がないことです。

 

今回の法改正に関して、当サイトの見解を書いていきます。賛否両論あると思いますが、考え方の一つとして参考程度にとらえていただければ幸いです。

 

管理人が勤務している職場の給料の現状

私が働いている会社では、同一労働同一賃金の法改正を折り込み済みなのか先行して2018年年の4月から期間工の時給が100円アップしました。
(私が勝手に思っているだけなので、本当のところはわかりません)

 

年収ベースでは、正社員のほうがほんの少し多いぐらい(おそらく15~20万ぐらい)月収ベースでは、人によっては非正規社員より少ない月もあるそうです。

 

正社員の方の話によると、ボーナスで非正規社員と差がつくようです。おそらくですが、今後も段階的に緩やかに待遇改善があるのかもしれません。

 

これから求められる人材と対策

これからは正社員・非正規社員も関係なく、より実力主義で能力を判断されるようになってくるのではないかと思われます。

 

会社側はスキルや能力を見て、評価・採用する傾向がより強くなると考えられます。多くの企業は、一人前にするための新人教育に、費用をかけられなくなってきているので、社会経験豊富な人材を、即戦力として採用する傾向が強くなると考えられます。

 

つまり、20代だからまだまだ雇用先がある、逆に40代だから雇用してもらえないという時代はありません。

 

どこの職場にも一定数いるのが、
「上司から指示されたことだけやっていればいい」という社員です。

 

上記のような社員は、他の社員と比較されて雇止めになる可能性が高く、自ら考え行動する、積極的な人材を評価する傾向にあるのではないかと思われます。

 

仕事に対する向上心、資格取得などのスキルアップは重要だと思います。

 

私の場合、「フォークリフトの資格を取りたいので、有休休暇取らせてください。」と言って、自発的に資格を取りました。

 

私の部署ではフォークリフトの資格を持っている社員が少ないらしく、仕事に対する積極的な姿勢を所属部署の職長からすごく評価されたことがあります。

 

スキルアップや向上心が重要だという理由は、上記のように職場の上司に評価された実体験があったからです。

 

常に向上心を持って仕事に取り組んでいれば、周囲が勝手に優秀な人材と思われるようになります。そうなれば、気持ち的にも楽な環境で働くことができます。

 

ちなみに私の年齢は47歳です(2020年現在)。

 

40代で転職で悩んでいるアナタも大丈夫です。私も約2年前ぐらいまでは転職で悩んでいましたが、今こうして必要とされています。

 

反対に、現時点で評価されているからと言って、その評価が今後も続くわけではありません。

 

今日のポジションが明日はないぐらいの気持ちを持って、どんな危機にも対応できるようなスキルを身につけることが、これから大事になってくると思います。

これからは個人が稼ぐ力を持つことが必須

これからは増加する人件費に耐えることができず、副業を解禁する会社もこれから出てくるでしょう。

 

要するに
「会社はこれ以上給料を出すことができません。足りなかったら自分で稼いてくださいね」という考え方にシフトする企業がでてくるかも知れません。

 

本業以外でも、副業で稼ぐことができるよう、複数の収入の柱を作っておくという選択肢も考えておいたほうが良いでしょう。

 

あくまでも大事なのは本業で、本業以外の時間を使って副業のためのスキルアップに取り組みましょうということです。

 

私も副業をやっています。会社は副業禁止にしていますが、そんなこと言ってられないんです。

 

今回の法改正は、個人が稼ぐスキルを求められる時代の第一歩だと私は思っています。この副業のスキルが、本業で役立つ場面が意外とあります。

 

取り組む副業によっては、本業のスキルを高めることもあるかもしれません。副業も考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

コメントを残す