ニュースの裏側

正しい議論は真実から!

政治(国内)

民進党 長島昭久氏が遂に離党!止めることができない民進党の離党ドミノ

2017/04/13




民進党の長島昭久氏が民進党を離党することを4月7日、自身のツイッターで発表した。

価値観が全く正反対の共産党と共闘路線を組むということが、越えてはいけない一線を越えたことが理由です。

 

このようなことをやっていては、国民の理解も得ることができないと言っています。

保守政治を目指していた長島氏にすると、当然の決断でしょう。

 

 

4月10日の午前11時に正式に会見を開くとツイッターで告知しています。

辻元議員のように、会見を開くと言って開かないことはないでしょう。

 

長島氏は民進党東京都連の幹事長を務めていて、これから離党ドミノがより加速するのではないかと予想されます。

7月の東京都議選に民進党からの立候補者がいなくなる可能性も出てきています。




 

森友学園の籠池夫人のメールで出てきた辻元清美議員の疑惑や、二重国籍の蓮舫議員の疑惑も未だに払拭できていません。

それだけではなく最近では、都民ファーストの会の小池百合子東京都知事とも共闘を組むような話も出ています。

このような、何でもありのブレブレなことをやっているようでは、離党する議員が出てきて当然です。

 

一方で長嶋議員は、都民ファーストの会の小池知事と連携していくという報道もされていて、もし事実であれば、離党はほとんど意味のないものになってきます。

いち国民としては、これだけは避けて欲しいところです。

 

4月7日現在で7名の民主党議員が離党することが分かっていて、民進党の離党ドミノが止まらない現状です。

民進党を離党すると考えられる議員としては、原口一博議員・馬淵澄夫議員・松原仁議員あたりでしょうか?

近日中に離党を発表するかもしれません。

 

今後も目を離すことができない、民進党の離党ドミノ。

来年も民進党所属の議員が存在するのでしょうか?

 

国民はもうメディアには騙されません!

 

-政治(国内)